家電

【時短家具】愛すべきおばかなロボット掃除機DEEBOTを使用した感想

こんにちは。

この記事では、約1年前に購入したロボット掃除機のDEEBOTについての使用した感想を正直につづりたいと思います。

始めて購入したロボット掃除機

2020年の3月に購入し、使用してから1年ほどが経過しました。

購入動機としては、やはり家事の時短がメインでした。

また、私の家では猫を飼っているのですが、抜け毛が多く、掃除機をかけてもクイックルワイパーをしても、常に床にほわほわと毛が落ちている状態だったので、自分で掃除しないでも自動で掃除をしてくれるロボット掃除機が欲しくなりました。

購入金額

その時、ちょうどヤフーショッピングでキャッシュレス決済のキャンペーンを行っていたのと、DEEBOTのメーカーであるECOVACSが割引をしていて、元値が16800円と安くなっていて、さらにキャッシュバックがあり、約12000円で購入できました。

購入の決め手

購入する前は、ルンバしか知らなかったのですが、ルンバは金額も高く、まだロボット掃除機を使いこなせるかわからない私にはすこしハードルが高かったので、以下の条件を満たすものを探しました。

  • 初めてのロボット掃除機なのでなるべく安く買えるもの
  • アプリと連動して使えるものが
  • 薄型でベッドやソファの下も掃除できる

そして、その条件に当てはまったのが今回購入した

DEEBOT OZMO Slim11

です。

DEEBOT OZMO Slim11のできること

  • タンクに水を入れるとモップを装着すれば水拭きができる
  • アプリを使っての本体操作
  • タイマー予約設定
  • Alexaと連動できる

と、値段の割になかなかの多機能です。

DEEBOTにはいろいろなモデルがあるのですが、一応Slimもハイエンドモデルとなっています。

その上にさらに多機能なモデルもあります。

高いものはマッピングシステムも備わっていて、人工知能も搭載されており、7種類の障害物を識別して掃除をしてくれます。

DEEBOT OZMO Slim11を使ってみて

よかったところ
  • 掃除機を自分でかける時間を短縮できる

スイッチひとつで自動で動いてくれるので、その間に洗濯など違う家事ができます。

  • 掃除機をかける頻度が抜群に増えた

夫婦共働きで、仕事の日はとても掃除機をかける余裕はありませんでしたが、これなら帰宅してからでもスイッチを押すだけです。

  • 床にものを置かないように気を付けるようになった

床にものをおくと、掃除機にものがからまったり引っかかったりして動かなくなるので、床を片付ける習慣がつきました。

  • 猫が怖がらなくなった

我が家の猫は、手動の掃除機が怖いようで、掃除機がでてくる気配がするだけで怯えて逃げてしまうのですが、これにしてから、多少警戒はしているものの、怯えることはなくなりました。

少しでもストレスが減ってよかったと思います。

できないこと
  • 絨毯の上は乗れない

床に敷物がある場合、厚みにもよるのかもしれませんが、進めなくなりエラー音がなります。

基本的には乗らないのですが、乗ってしまったときにいちいち床におろしてあげなくてはいけなくなります。

  • 水拭きは怖くて挑戦できない

床に敷物があるので、水拭きにしたときに乗ってしまった場合が怖くて挑戦できません( ;∀;)

Amazonのレビューをみると水拭きも皆さん活用されているようなので、使えば問題なく使えるのかもしれませんが‥

  • 猫のトイレ砂は吸い込めない

我が家では、猫のトイレはシステムトイレを使用しているので、木のチップがトイレに敷き詰められているのですが、猫がトイレをするたびにこれが散らばります(´;ω;`)

これを吸い取ってくれるだけでとっても助かるのですが、上を通過するとそこからはなくなっているので、吸ったのかと思うと、途中でまとまって落っこちています。

たまに、わかりにくいところに寄せ集めていたりするのでこれは困ります。

  • 吸引力はそんなに強くない

上の話とほとんど同じですが、吸引力が最大にしてもそんなに強くないので大きなものや少し重たいゴミは吸い取れません。

あと、長いものも苦手なようです。

  • 全部は任せられない

結局、ロボット掃除機だけで全部は完結しません。

細かいところは人間の手で掃除機をかけないといけないですね。

それか、床に死角をつくらないように、ものすごくきれいで物の少ない家にするか…

我が家にはまだロボット掃除機を完全に活かせるような家にはなっていないと言えます(´・ω・)

おばかなところ
  • 家(充電器)に帰れずひどいと30分近くうろうろしている

これ、家だけかもしれないんですが、よくなるんです( ;∀;)

ちゃんと説明書通りに壁につけて設置しているのですが、なかなか充電器をセンサーが見つけれられず、近くにいるのに帰る場所を探して彷徨っています。

かわいそうになり、充電器付近まで押してあげています(´・ω・)

  • 大きなほこりを自分の風圧で掃除したばかりの方向へ飛ばしてしまう

目の前のほこりをなぜかスルーし、違う向きに方向転換し、その際におしりからでた風でほこりを遠くに飛ばしていることがよくあります。

また、その方向に行ってくれればいいのですが、たまにそのまま放置されています。

  • 同じところばかり掃除する

日によりますが、同じ部屋に何度も戻ってきてずっと掃除をし続け、隣の部屋はあっとゆうまに掃除を終了させてしまうことがあります。

DEEBOTくんの気分的な問題なのでしょうか…

  • 毎回同じところに迷い込み出られなくなる

これは、家の構造が悪いと思うのでしょうがないのですが、毎回同じところに迷い込んで行って出られなくなり助けを求められます。

上位モデルのマッピング機能があれば回避できることですね(;^ω^)

  • 1時間掃除するときもあれば15分ほどで終わるときもある

これも、DEEBOTくんの気分なのか、ものすごく長く掃除をしているときもあれば、もう終わり??と思うくらいすぐに終了してしまうこともあります。

あまりにも早く終わってしまったときは、もう一度スイッチを押してます。笑

まとめ

総合的にみると、ロボット掃除機を購入して本当によかったと思います。

また、安く購入できたので初めて使うモデルとしてシンプルな機能で使いやすいです。

今のところ、まったく壊れる気配はないのでこのまま使用し続ける予定ですが、次に購入するときは、マッピング機能のあるもので、もう少し吸引力があるものが欲しいなと考えています。

余談ですが、アプリからDEEBOTくんの名前を変更できるところがあるのですが、私のDEEBOTくんは名前を変更しようとすると毎回アプリが落ちてしまい変更できません。

DEEBOTくんの強い意志が感じられるので、変更せずに我が家ではずっと名前は「DEEBOTくん」です。

ABOUT ME
ayupanchan
2021年4月に初出産の新米ママ アラサー会社員で現在育休中 食べるの大好き、甘いの大好き、お得が大好き、お金が大好き あゆぱん、パぱん、こぱんちゃん(娘)、ねこぱんちゃん(猫♀)の3人と1匹家族です